キャシー・シーガル・ガルシア(Cathy Segal Garcia)さんとの出会いとジャズアンサンブル・ワークショップ

Michele先生と、L.A.のvenue (ヴェニュー;生演奏を聴く事ができるお店)や
アクティブなJam sessionの話題になり、
その流れでMicheleのお友達である素晴らしいヴォーカリスト&エデュケーターの
Cathy Seagal-Garciaさんをご紹介していただきました。

CathyさんはLAのライブスポットや自宅スタジオで
毎月のようにセッションやワークショップを行っていらっしゃいます。

“どんどん色んな素晴らしい人に会いに行ってらっしゃい!!
そもそも私はあなたの音楽を良くするためにここにいるんだし、
だからそのために良いことは何でも応援するよ!”とミシェル先生。

その場で、わたしとキャシーさんにお互いを紹介する内容のメールを送ってくださいました。

わたしにとってのCathyさんのworkshopの嬉しいポイントは
週末のお昼の時間帯にやってくださることです。
(ベビーがいてまだまだ夜は出かけにくい状況なので、本当に有難い!)

10/25にはCathyさん主催のworkshopに参加して参りました。
Piano Trioの皆さんと、Cathyさんから、セッションをしながらたくさんのアドバイスをいただきました。

Cathy_workshop

この前のCherylさんのレッスンで曲の解釈やその表現について
すごく大切なこと教えていただいたので、バラードを歌う時に色々と新しいチャレンジをしていました。

この日はそのことと、あとはscatを重点的にやってみることに。

1.5h、めいっぱいアンサンブルしてフィードバックをいただきました。

隣でCathyさんが歌って例を見せてくださったり、数小節ずつトレードしたりして、
楽しいだけではなく、自分のできていないことがより明確になって、良かったです。

この日も、音楽を共有すると言う事はすごくすごくハッピーなものであることを再認識しました。

リズムがポケットにしっかりはまってトリオと歌が一つになった感覚や
音楽におけるクリエイティビティーは、
私にとって、どんな美味しいお酒なんかよりも、ずっとaddictiveです(笑)

英語を毎日聴き話し、それが自分のツールとして育って来て、言葉と気持ちが一つになって。

歌の歌詞についても、少しずつですが、
心の底から自分の想いを歌えていると感じられる事が増えて来たように感じています。

キャシーさんのCD紹介
BohemianSecret Life

画像が上手く出ませんが、私はこの下の2つも好きで、おすすめです。


関連記事