Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジャズボーカルレッスンの”Teach your self”

気づけばこちらに来てからもうすぐ1年になります。

子育てと日々の課題に取り組むことで、あっというまにときが経ってしまいます💦

santa-monica-sunset-02

Sara Gazarek先生のレッスン内容は産前と産後でだいぶ変わってきています。

以前はお腹も大きかったので負担がかかりすぎないようなメニューが多かったのが、
最近は体を鍛えたり声帯やレゾナンスをより効果的に使っていくための練習が増えました。

Sara自身も自分の音楽を追求する日々で、もちろんツアーの間はお会いできないし、
定期的にアポを取るのが難しい時期があります。

だから、できるだけ “Good learner” にならなくてはと思い、わたしも工夫しています。

先生からも、”Good learner”になった上で、いずれは“Teach Yourself” だね、と。

そういうわけでいつか卒業することが前提で教えていただいているので
この練習をやるとここが良くなる、とかこれは何のためのエクササイズなのか、
何に注意して練習するとよいのか等、本当に、一つ一つ、懇切丁寧に教えて下さって、
レッスンではそれを実践して細かくチェックしてもらい、
また微調整をして、とその繰り返し。

自分自身がより繊細に、より豊かに感じ取っていくこと、
自分の中の判断基準も徐々にアップデートして行くこと、
本当に適切な方法で取り組まなければ、変な癖がついてしまうこと、
その癖を治すことがとても大変であることをひしひしと感じています。

 

“Teach Yourself” ができるようになるために、
必要なことはほかにもあって、自分の行動パターンや考え方、
癖を変えていくことに対する不安を上手にマネージメントして、
自分の希望が叶うような毎日にしていくことも大事です。

この辺は自分の専門なので得意だと思っています。
ヒトという生き物はみんな、既に身に付いている行動や考え方を変えるのは不安ですよね。
これまで医学の勉強でそういった不安を克服するための色々なテクニックを学んで来たので、
今はそれを自分に応用中です(笑)
メンタルヘルスの知識は、物事を習得する過程でとても役に立ちます。

 

Saraの言葉は嘘がなくとても正直なものが多くて、
ときどきグサッと来ますが、胸に刺さることほど、取り組むべきことなんだと思います。

わたしは、そういう率直な意見を言ってくださる人をすごく大事に想うし、
ものすごく信頼しています。

歌のことと同じくらい繰り返し言われているのは、英語。
ネイティブの人が言葉を自然に理解できるレベルまで日本語のアクセントを取り除くこと。

Saraから外国人向けの発音矯正をしている先生をご紹介してもらいました。

ハリウッドの俳優さんなども、発音にはかなりの労力を費やして努力しています。
それはそうですよね、何を言っているかわからなかったら、聞く側も大変ですもんね!

本当にやることが山のようです・・・😅
一歩一歩、前に。

関連記事