9/23の珈琲美学でのライブに向けて山田貴子さん(pf)とリハ & talk

8/25のこと。貴子さんとリハ&talkして来ました✨

スタンダードにフレッドハーシュにお互いのオリジナル、あとはちょこっとポップス。

すごく好きな曲ばかりを集めて、絶妙レシピになっています!

貴子さんと音を合わせるだけでなく、色々お話できたのもすごく楽しかった。

一音一音、会話の一つ一つがマインドフルでありながら、
心がしなやかさを保っていられるのは、相手が貴子さんだから。

よく音楽以外のことでジャッジされやすい私。

歌を頑張れば仕事はどうなってんだ?こどもはどうしてんの?と言われたり、
逆に仕事を持っていることで歌はやる気あるのか?と言われたり、
はたまた過去に遡ってはお前は何になりたいの?と言われたこともあったっけ。

 

わたしはわたしになりたい。

ただそれだけ。

全部あって、わたし。

 

歌を歌うときも、患者さんと話をするときも、やっていることや見え方は違えど、
ほとんど根底にある考え方は変わらない。

それを何も言わなくてもわかってくださる方がいて、一緒に音楽を創ってもらえて、
演奏の場を与えていただいて、聴きたいと言ってくださる方がいて。

具合が悪いときはもうしばらく歌えないかもとか、
LAの先生たちからも心配されてやめちゃダメだとか言われ(やめれるはずもないけど)、
そんなことで悩んでいたのだから、なんだかすべてが新しい奇跡みたいに思えて、
夜練習してたら嬉しくて涙が(笑)

本当になんなんだ、人生ってやつは‼︎

あれから貴子さんのオリジナルを歌いながら、録音を聴きながら、しみじみと、
この自然な流れからのデュオに、巡り会いに、貴子さんに感謝。

全部オーガニックのフルーツと野菜で作ったスムージーみたいな、
みんなデトックスできちゃうような、そんなライブにしたいなぁと思っています。

関連記事