イギリス旅:ビートルズ (The Beatles) のふるさとリバプール (Liverpool)へ

6/23〜7/1で、イギリスに行ってきました!

空いている日にThe Beatlesのふるさと、Liverpoolに足を伸ばしてみましたので
その時の写真をアップしてみます😌

Liverpool は滞在したManchesterから電車で一時間ほど。
ひとまず、ALBERT DOCKというビートルズの博物館とお店があるところに向かいました。

博物館はこちら

スクリーンショット 2015-08-07 午前10.11.52

お店の横に、リバプールの観光案内所があったので入ってみると、
マジカルミステリーツアーと、タクシーの見所巡りツアーのフライヤーが。

隣で、既に申し込みをしているメキシコからいらしたご夫婦がいらして、
「一緒に行こう」と言って下さったので、料金の交渉をして、ホントに便乗しちゃいました!


pennylane

tourUK

pennylane

この写真は運転手さんが撮ってくださったんですよ!案内上手&撮影上手です!
pennylane1
PENNY LANEは住民が1ペンスずつお金を出し合って造った道なのですが
向かいには地区で最もハイソな私立ダブデイル小学校のグラウンドが広々と見えます。
Johnたちの母校です。

PENNY LANEの看板はこの曲がヒットしてから盗難に遭うようになって
壁にペンキで描かれたらしいのだけど、らくがきがすごかった。。

ビートルズが唯一リバプールの町並みを詳細に歌った曲かもしれないですね。
Penny Laneは道の名前なので、その道をずっと辿ってゆくと、
交差点があって 、そこに床屋さんや銀行がありました。

そしてそのレコードは両面A盤で、裏は、Strawberry Fields Forever…
Strawberry fieldというのは、John Lennonが幼い頃によく通った孤児院。

John Lennonは5歳くらいまでは両親とPenny Laneにあった家に住んでいたけれど
お父さんは航海で家をあけ、お母さんは青春を謳歌しちゃって、
その後、おばに預けられたのは有名な話なんだそうです。
おばがJohnを不憫に思い、両親のいない子供たちもいるのだ、
Johnには親がいるのだからと伝えたくて、敢えてここに通わせたのだと。

中に建っていた孤児院は、ニューヨークのダコタハウスに外観が似ていたそうで、
John Lennonにとってこの場所がとても思い出深いことが知られているそうです。
(運転手さんのお話を私が聞いた内容をそのまま書いていますので、信憑性はわかりませんが・・・)

strawberryfields

次はPaul McCartneyが長いあいだ住んでいたという家へ。
今はJohn Lennonの家と同様、ナショナルトラストに買収されています。

Paul McCartneyのお父さんが、たくさんのミュージシャンと知り合いで、
Paulはその影響で幼い頃から音楽に親しんだそうです。

初めて出会った時には、Johnより2歳年下のPaulの方がギターが上手で
PaulがJohnにギターを教えていたそう。

tour2UK
tour3UK

関連記事