About

When I first met May all of the qualities that were so evident in her personality soon revealed themselves in her music making. Her warmth, communication, attention to detail, and depth of feeling were all present from the first note.


初めて会ったときメイのパーソナリティから感じた“quality”のすべてが、彼女の音楽に宿っていました。人柄の温かさ、コニュニケーション能力、ディーテイルを繊細に捉える力、感情の奥深さが、最初の一音から滲み出ていたのです。


Larry Koonse ラリー・クーンズ: ギタリスト、カリフォルニア芸術大学ジャズ専攻教授

 

OKITA has a pleasant voice and obviously loves the material. Highlights include “Both Sides Now”, a transformation of “Detour Ahead” into a waltz, and a swinging version of “What a Difference A Day Made”

– Downbeat 

オキタは魅力的な声の持ち主であり、自らの奏でる曲を愛していることが明確に歌から伝わってくる。アルバムのハイライトは“Both Sides Now”、ワルツにアレンジされた“Detour Ahead”、そしてスウィンギーな“What a Difference A Day Made”だ。

ダウンビートマガジン

 


May Okita (メイ・オキタ) Biography

 

静岡県浜松市出身。4 歳でピアノを習い、祖母の家にあった LPをきっかけに洋楽好きになり高校時代に歌い始める。大学時代にジャズに魅せられ、卒後も医師として働きながらライブを重ねる。その後、最先端の医療と本場のジャズと真正面から向き合うため、2013 年よりロサンゼ ルスに留学。米国屈指のクリニックを有する UCLAで4 年間学ぶ。

ジャズについてはワールドクラスのジャズミュージシャンである Sara Gazarek, Josh Nelson, Michele Weir, Cathy Segal-Garcia, Tierney Sutton, Cheryl Bentyne らを自ら訪ね、指導を仰ぎ、これら指導者たちも彼女のヴォーカリストとしての成長を温かく応援し、大きく貢献した。

2015 年には Jazz Vocal Alliance Japan を設立。自分が過去に悩み見出した解決策を元に、国際的ジャズ エデュケーターによる日本でのワークショップやオンライン講座の運営、パフォーマンス心理学の記事の寄稿など、良質な学びを日本の仲間と分かち合う。

2017年の帰国後は、東京・千葉・浜松を中心に活動を展開。同世代の人たちにもジャズを聴いてもらいた いという趣旨から、キッズフレンドリーなライブや、 ジャズとマインドフルネス瞑想・呼吸法を融合させストレスを低減させる試みを行う。

2019 年 1月、長年憧れてきたL.A.を代表するミュー ジシャン Josh Nelson(pf)、Larry Koonse(g) とともに現地で録音したファーストアルバム「Art of Life」 を米シアトルのジャズレーベル Origin Records からリリース。日本、全米、カナダ、ヨーロッパ、スカンジナビアなど、世界各国で発売・配信となる。

人気ギタリスト、ラリー・クーンズをゲストに迎え、共同プロデューサー、アレンジャーのジョシュ・ネルソン(pf)との共作のタイトル曲とスタンダード曲のフレッシュなアレンジとメンバーとの心通う演奏を収めたデビュー作はジャズの本場アメリカでも評価され、全米を中心にフランス、イタリア等を含む80局以上のラジオ局で収録曲がオンエアとなる。日本ではJAZZ LIFE、レコード・コレクターズ、米国ではMidwest Records, Jazz Weekly, ダウンビート・マガジンにレビューが掲載された。

2019年3月にはレコーディングメンバーのジョシュ・ネルソンを含むトリオをロサンゼルスから迎え、南青山ボディアンドソウルにてアルバム発売記念ライブを開催、大成功を収めた。同年7月にはロサンゼルスでのレコ発ライブが決定しており、今後の活躍が期待されるヴォーカリストである。

2019年4月よりK-mixラジオ「メイ・オキタのArt of Life」パーソナリティー。ラジオ番組とブログではジャズのみでなくうつや不安に関するメンタルヘルスの情報も紹介している。歌手、精神科医、一児の母、Jazz Vocal Alliance Japan(シンガーのコミュニティー)代表として国際的なミュージシャンとの学びの場を創るなど、ユニークなライフスタイル、独自の活動が注目を集めている。

 

May Okita is an inspirational artist who continually breathes new life into each of her parallel careers as jazz vocalist, psychiatrist, and mom of a beautiful daughter! In each area, she is graced with ample opportunity to practice living in the moment.

Okita moved to Los Angeles in 2013 to both study medicine and pursue her passion for Jazz. For medicine, she studied clinical psychiatry for 4 years at UCLA, one of the most prestigious clinics in the U.S.

At the same time, she was compelled to seek out and learn from world-class Jazz musicians such as Sara Gazarek, Josh Nelson, Michele Weir, Cathy Segal-Garcia, Tierney Sutton and Cheryl Bentyne who gladly took Okita under their wings to help her on her path.

What emerged is a sparkling new jazz vocalist for the enjoyment of jazz fans around the world! Sensitive, creative, open and sophisticated… May Okita is a pleasure worth listening to.

Okita’s ability to perform both mindfully and emotionally allow her to connect with her listeners in a meaningful way. She is forever in pursuit of new artistic offerings, not only incorporating elements of improvisation, but also exploring the idea of giving her audiences a unique multi-dimensional experience by gently guiding them in meditation and breathing techniques during her performance.

She had been a fan of Josh Nelson’s for 10 years, and he has become an important artist- mentor to her, bringing to the surface May’s best creative self. They collaborated on the composing of the title song “Art of Life”.

In 2015, Okita founded the Jazz Vocal Alliance Japan, a Tokyo based organization which provides authentic Jazz education, resources, special events and opportunities for singers across the globe as well as the Japanese vocal jazz community.

May Okita is signed with Seattle-based Jazz record label Origin Records, her debut album, “Art of Life” released in January 2019.