Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
MAY-LOG,  Singing

多くのシンガーに慕われるメンター中のメンター、ミシェル・ウィアー先生のこと

May, Michele and Takako

先日のJEN15の時、Michele先生は私のことを
「This is my friend, May!」会う人会う人に紹介して歩いてくださいました。

私の生徒なの、とか、私が教えてるのよ、とかじゃなくて
一人のヴォーカリストとして、友達として、紹介してくださっていました。

そして後からFacebookなどでそういう方々とつながってお話をしていくと、
実は相手も昔Micheleの生徒さんだったというようなことがわかって・・・。

彼女は本当に素晴らしいメンターだな、と思います。

他の先生たちにも言えることなんですが (この話題は話し始めたら止まらないくらいですが)
なんといいますか、嘘やごまかしが無く、
自分自身にとっての真実を日々追求していて、
それがどうしたら世の中のために役立つかを考えていて、
しかも本当のエキスパートなので
すぐに例を挙げたり実演して見せながら教えてくださいます。

LAの先生方は、概して、きちんと課題を示してくださるし、意見もはっきり言ってくださいます。
改善するための取り組みをどんどん重ねられるように考えてくださるので、
それも、期間限定でここに住んでいる私にとっては相当有り難いことです。

落ち込んだり上手くいかなくてフラストレーションを感じるときこそ、
ここでの先生たちのような目標を現実にする力を持っている人のアドバイスは、
本当に、強力な助けになります。

良い音楽を奏でられるようになるには、時間もかかるし、
エネルギーも、パッションも、長く維持する必要があります。

自分が先生方にしていただいていることの一つ一つにちゃんと気付くことができ、
どんなに時間がかかってもいいから、一つ一つ実行できる自分でありたいものです。

 

そうそう、もうすぐMicheleはvocal improvisationのアプリをリリースする予定なのだそうですよ!

学会のときにそのβ版を見せてもらったのですが、
これは最高に楽しい練習ツールだな、と思いました!

素晴らしいヴォーカリストたちと一緒に歌ったり、
ヴォーカルだけ音を消してマイナスワンで練習できたり、
Call&Responseなんかも入っていて、工夫がいっぱい!!!

楽しみ!!

もちろん、練習はあくまでも練習だけど、基礎力が上がると演奏が楽しくなるし、
自分の想いや心を表現することにもっと集中することができる気がします。

だから、毎日の練習を楽しくできるツールがあるのは、すごく有り難いことです。

ミシェル先生は、たくさんのパフォーマー、エデュケーターのメンターを務める、
メンターの中のメンター。

彼女はいつも自分の仕事を通じて、
どれだけたくさんの方にジャズ・シンギングの魅力、楽しさ、心地よさを伝え、
世の中に一石を投じていけるかを真剣に考えていらっしゃいます。

心から尊敬しています。

 

 

ミシェル・ウィアー (Michele Weir)

http://www.micheleweir.com

ミシェル先生の詳しいご経歴やインタビューはこちらでご覧いただけます。
http://jazzvocalalliance.com/michele-weir-interview/

Jazz Vocalist based in Tokyo, Japan. 東京を拠点にジャズを歌っています♪ 2019年1月、シアトルのオリジンレコードよりファーストアルバム「Art of Life」を日本、全米、カナダ、ヨーロッパ、北欧に向けリリース。 オフィシャルウェブサイト:mayokita.net