MAY-LOG,  Singing

May Okita(メイ・オキタ) with Josh Nelson Trio from L.A. Live at BODY&SOUL 写真と今の想いなど

3/7(木) 南青山ボディアンドソウルでの「Art of Life」発売記念ライブの続きです。

星野泰晴さん(Organic Music Society)に撮影をお願いしまして、とても素敵な写真を撮っていただいたのでぜひご覧ください。

メイ・オキタ(vo), ジョシュ・ネルソン(pf), アレックス・ボーナム(b), ダン・シュネール(ds)  from Los Angeles

星野さん、本当に有難うございました。ライブや彼らと過ごした時間の想い出とともに大切にします。

I got lots of nice pictures from Yasuharu Hoshino – a great photo&movie artist and a pianist. Hope you enjoy! 😉

➡️https://www.youtube.com/c/OrganicMusicSociety

趣味のレベルからジャズを歌い始めて、どんどんのめりこんで行き、15年以上が経ちました。最初はまず英語という言語が自分の気持ちを伝える道具として使いこなせず、歌っていても歌詞の内容と自分の内面が上手にリンクできなくてすごく悩みました。

留学する前に何千時間と英語に注力して、現地でも必死で取り組んできて、それでもまだまだ自分では課題が多いと思っていて、もっともっと成長したい気持ちが募るばかりです。歌も、専業で毎日歌い続けている方と同じようにとはいかないし、もちろん医療の仕事も子育てもあるので、どちらかというとハードルは高くなる一方。

努力したことはできるし、していないことや足りないことはできない、というその当たり前のことをきちんと受け止めて、ブレることなく続けていくだけで今は精一杯。

本当にいろんな工夫をしないと、そして自分が好きだという気持ちが曇らないでいられるようにしないと、なかなか続かないですね。でも辞めることを考えたことは一度もなくて、そのくらい好きだということなんだな、と自分では思っています。

アルバムを作り始めた時は、ジョシュと書いた曲を形にして、良い思い出が残せたらと思っていたのに、いつのまにか曲数が増え、フルアルバムになり、オリジンの社長が気に入ってくださってデビューが決まり・・・と思いがけなかったことの連続です。

だから有名になりたいとか、そういう気持ちも方法もあんまりよくわからない私にとって、今の自分を突き動かしてくれるのはこの作品が大好きだという気持ちだけです。

自分で納得がいく作品ができたことで、ジョシュやラリーのプレイをもっと聴いて頂けるように頑張ろう、って思えるようになったんです。音楽の力は本当に凄い。

 

今回、神戸モダンジャズクラブの村田さんと彼らが、東京公演は私と一緒にということでお声をかけてくださって、本当に嬉しかったです。いつかジョシュにライブしてもらおう、ってこっそり心の中で願っていたのですが、こうしてまたひとつ夢が叶いました。

最初にレッスンしてくださいって言いに行った時は、まだ4ヶ月の娘を抱っこ紐に抱いた状態で、美術館の屋外ライブに通っていました。そんな状態でお願いをして、誰が信じてくれるでしょうか?今思うとおかしいですね(笑)

でも彼はすごく優しくて、絶対に私の言うことを否定したりすることはありませんでした。そしてすぐにオリジナル曲の譜面をメールで送ってくれました。

ナタリーコールが亡くなった時には、あまりに落ち込む彼を見て、娘と一緒にジョシュが送ってくれた譜面の曲を歌って動画を送り励ましたこともありました。

ピアノを褒めると「僕は地上で一番低いところにいるって自分で思ってるからあんまり良い気分にさせないで」ってはにかんで言っていたのをよく思い出します。こんなにすごい人なのに。

一緒に曲を書くことになったときは、どんな風に考えたら良いか、どうするとどんな変化がつくのか、何ヶ月もかけて時間をかけて一緒にトライしてくれました。

アルバムのプロジェクトが動き出してからは、私のためだけに丁寧にアレンジを書いてくれて、それは私が歌いやすくかつ私の良さが最大限聴こえるような、愛情をいっぱい感じるものばかりでした。本当に音楽が、ジャズが心から好きなんだな、と伝わってくるアレンジ。

レコーディングの時も、リハの時も、私が緊張したり余計なことを考えなくて済むように、自然に気配りをしてくれたり。いつでも連絡して、って。

そういう優しい人だから、私は最大限彼に迷惑をかけないように、できることは全部自分でやり、本当に困った時だけヘルプをお願いするようになりました。そのお陰か、本当にいろんな交渉ごとや連絡の仕方、時間の使い方、といった歌以外のことをマネージメントする力が伸びました。

話をしていても、どの瞬間もいつも心地よくて楽しい、そういうところが彼の創る素晴らしい音楽と一貫しているんです。心から尊敬しています。

一生懸命お礼をしようとするんだけど、なかなか他のものは彼の心に響かないようなので、私がシンガーとして、人間として成長するほかないみたいです。

ありがとう、ジョシュ。ジョシュとの出会いが私の人生を変えてくれたことは間違いありません。

そして一緒に来てくれたアレックス、ダンにも、心から感謝です。ますますこの3人が大好きになりました。

またいつかこのバンドで歌える日を次の目標に、頑張りたいと思います。

応援に駆けつけてくださったみなさま、本当に本当に有難うございました。

メイ

 

今後のライブ情報  ぜひ聴きにいらしてください♪

🔸2019.4.13(Sat) 8:30pm~ 銀座 コントレイル with 杉山慧(g)
※10名程度で満席になる東京らしさ満点のお店です。お早めのご予約をお願い致します。

🔸2019.6.1(Sat) 7:15pm~ 淡路町 リディアン with 山田貴子(pf) 鈴木直人(g)
大好きなお二人と、息の合った楽しいライブをお届けします!

🔸2019.7.15(Mon) Los Angeles, CA 🇺🇸 Vitello’s  with Josh Nelson(pf), Larry Koonse(g)
レコーディングメンバーで、ロサンゼルスの素晴らしいライブハウスに初出演します。

May Okita Official Website: mayokita.net

Jazz Vocalist based in Tokyo, Japan. 東京を拠点にジャズを歌っています♪ 2019年1月、シアトルのオリジンレコードよりファーストアルバム「Art of Life」を日本、全米、カナダ、ヨーロッパ、北欧に向けリリース。 オフィシャルウェブサイト:mayokita.net